Capra PACCO - カプラ パッコ -

日々のこと、趣味のこと、のんびり、あせらずいきましょう...

テディベアと私 vol. 1

vol. 1ですって。(^^;続くんですかね。

 

今年も師走が近づいてきました。

一年を振り返ると様々な出来事がありますが

特別な出来事を私事でひとつ挙げるとすれば、

自ら制作したテディベアにブランドタグを付けて

販売をスタートしたことです。

昔から「創作」が好きで、創り出すモノの形はいろいろでしたが、

テディベアもそのひとつ。

育児の合間、ママも好きなことを楽しみたい!と

作品づくりを始めて、沢山の出会いがありました。

そんな中で「テディベアと私」に関する記事を

読んでみたいとお声をかけて頂いたので、

Capra PACCOのベアはこんな人が作っていますというのを

サラッと(?)お伝えできればと思いますm(_ _)m

 

お絵描きや工作が大好きな子ども時代から

雑貨や小物を集めて部屋に飾ったり(母の影響)、

ぬいぐるみもそれなりに好きでしたが

テディベアにはあまり興味がありませんでした。

 

だってお値段が高いですからね!! ←←

大人でも気軽には買えませんよ!!(笑)

初めて購入したテディベアは高校時代の家族旅行先で見つけた

手のひらサイズのミニベア(3000円くらい、作家不明)で、

テディベアが好きで買ったというよりは旅の記念で

お部屋のインテリアにちょっとプラスな感覚でした。

その後、母や妹と出掛けた地元のハンドメイドイベントで

個人の作家様が作ったウサギのぬいぐるみを気に入って購入。

(当時は国内のベアアーティストの存在を知りませんでしたが、

こちらの作家様は今もテディベア制作で活躍されています^^)

そして高校を卒業した春、母と出掛けた別のハンドメイドイベントで

運命の(?)アーティストベアと出会ってしまったのです(●´~`●)

国内ベアアーティストの存在をしっかり認識する機会となりました。

 

テディベアには長い歴史があって、海外メーカーで例えば

シュタイフ社やメリーソート社の職人さんが制作するモノが

一般的だと思っていました。あとはアンティーク品とか...

後々にアーティストベアが集う専門のイベントが国内でも開催されていたり、

常時アーティストベアを取り扱う専門ショップがいくつかあることを知ります。

 

運命のそのベアちゃんは「わ 可愛い♡」と手に取った瞬間、

手から離れませんでした。見つめ返してくるベアのつぶらな瞳...

迷わず購入です(/_\)(だって手が離さないんですもの)

一目惚れと同時にベアの世界にハマった瞬間でしたw

当時の値段は上記ミニベアの2倍くらい...

その作家様のベアの雰囲気が大好きで、その後も気に入ったコに出合うと

お家にお迎えして、心ほっこり癒されています。

もちろん他の作家様のベアも持っています(*´エ`*)

アーティストベアの世界を知れば知るほど、

いろいろな作家様の作品に出会えます。

どのベアも作家様の個性があって見ていて飽きないのです。 

f:id:capra-pacco:20171124214149j:plain

↑↑ 10年以上前から少しずつ集めている

アーティストベアのコレクション♡

これからも仲間が増えるかもしれませんw

 

そして自分でも作ってみたくなる、この衝動。

vol. 2へ続きます。(あ、続いちゃった...(ノω<)